日記180305

DSC_0818.JPG
今日は朝から雨降り、出かけようかと思ったらまた降りだしました。
遡っていこう、昨日の事から。
昨日は、奈良の三輪山のふもとへ、文字さんに連れてってもらいました。
その前は、下鴨神社の糺の森で開催のもりの手づくり市へ行きました。
その前の日は、釜ヶ崎の座り込み現場へ、行きました。
その前の日には、アマノコーヒーロースターズさんのお店へ行きました。
つまり3月1日から3月4日まで、行き先を遡って羅列してみました。
それぞれに目的があって、目的を実現していくプロセスとして、一日がある。
そんな感じで、目的志向で、日々の行動を価値あるものとしているところです。
そう、価値あるものを形成するため以外は、無駄な気がして、嫌な気分になります。
でも、これは、目的志向で、決していいことだとは思っていないのですが、です。
目的がないと、なにしているのかわからなくなってしまうので、目的をつくります。

負けてたまるか、という気持ちがあるから、負けてたまるか、の企画を創る。
だれよりも、どこよりも、いい企画だと自画自賛しています。
それでないと、やってられないから、自画自賛するわけです。
しかし、でも、なぁ、というところで、人はそれらを無視するから、落ち込むのです。
前向きが三割、後向きが七割、気持ち的には、今日は、そんなくらいの配分です。
そんなときは、なにもかもがマイナーな方へ向いてしまうんですね。
停止か、止めるか、なんてことで、前向き、上向き、なんてことはないです。
極彩秘宝館への誘いがあって、ニューシュールリアリズムだと思って、参加します。
いにしえ巡りと内面探り、表面は極彩にして、次の領域へと行きたいわけです。
採用した写真は、下鴨神社の相生社ですが、ここは縁結びの神さまが祀ってある。
縁結びというのは、男と女が結びつくことで、その結びつきを「縁」という。

どうしたわけか生命を創り出す方法を、二つの性にわけて造られた、これ自然の理。
生命を生み出すきっかけを、二つの結合によってもたらすという仕組みです。
だれが考えたのだろうかという以前の、自然の摂理、根本なわけです。
この根本に根ざして、そこから言葉を発し、それに伴うイメージを作りだす。
そういうイメージがあって、言葉を紡ぎ出す、このことの循環で、高度な現在です。
未来には、もっと別の領域が確保されていくのですが、現在はそれの兆しを求めます。
生命の歴史というのは、生殖の分析と方法の歴史であって、すべてはそこにある。
思考の回路は、そのことをベースにして、組み立てていかなければ、ならないのす。
求められるのは、人間存在の本質の問題に、踏み入れていこうではないか、ですね。





posted by tansui at 15:17Comment(0)日記