桜の季節-5-

_20180403_141828.JPG
毎年のことながら、桜は咲きだす便りを見聞きすると浮足立ってきます。
そわそわ、落ち着きが無くなって、花見気分に浮かれ出します。
ぼくは酒を飲まないから、飲食しながら花見する、という癖は持っていません。
でも、浮き立ってくるんですね、不思議ですね、気分が高揚してくる。
この歳になって、気づいたんですが、からだの内側がムズムズしてくるんだ。
生殖の兆しが、体内にあらわれてきて、顕在化してくるんだ。
そのもぞもぞの、うごめき感が、気分を高揚させるんですね。
人間は年中が発情期だといいますが、動物的には春が発情期ですね。
そのせいで、桜の季節って、こころがかき乱され、浮足立ってくるんですね。
5月の牡丹の頃は、こころは熟れ切っていて、発情の真っ最中なんでしょう。
なにかしら、生き物の原点を、想像しながら、桜の花を見ています。
(桜の季節おわり)