取材日記180505

_20180505_133358.JPG
今日の起点は、きぬかけの道、衣笠山の南麓からスマホを取り出し撮影をはじめました。
正面に衣笠山、右に堂本印象美術館、左に立命館大学、写真の地点です。
このまえには、なか卯でかつ丼を食べています。
衣笠山、昔、葬送の場で、死者を布でくるんだところから、きぬかけとの名がついた。
衣笠山の麓を北に道をとっていこうと思って、少し戻り、馬代通りになるのか、北へ。
中学のときの通学路、そのまま金閣寺の裏へ出て、氷室というところ。

身代り不動尊と案内があって、学校のグランドの周囲を回って、拝み所へ。
学校のグランドは、かって氷室の池でしたが、いつのころか埋め立てられています。
不動尊のあるところは、小学生の時に祖母たちに連れられて行った祠です。
拝み屋さんのおばさんがいて、呪文を唱えて、えい、やあ、とやるわけです。
そんな記憶がよみがえってくる場所、夏、夕立、凄い雨で、大音響で雷が落ちた記憶。
まだ細々と、だれかが、掃除したり、水を変えたりされている風にも見えました。

戻って金閣寺の前を通って、そのまま山の麓の道を北上していきました。
途中に三条天皇陵があり、写真にし、鏡石まで行って、一条・三条天皇火葬陵。
ここでストップ、かなり足が疲れて、このまま前進だとすると千束まで、です。
そう、たどってきた道は、丹後へ抜ける長坂口に至る道そのもの、今朝、分かった。
京都北物語の西側ルートですが、洛中洛外だと洛外になるから、ちょっと論外かな。
四つのルートを辿ってみて、まだ足りない、舟山の麓にも寺があるので、これは次だ。

posted by tansui at 17:08Comment(0)日記