芸術について-2-

120kyoto1701180010.jpg
<絵描きさんのこと>
美術展という会場には、余り行く方ではなくて、たまたま招待券があるとか、無料であるとか、そういうときには見せてもらうことが多いです。ぼくなんかは、美術展をたまに見るレベルで、その厳かに飾られた会場へいきます。とはいいながらも、テレビで日曜美術館を観ますし自室には世界の美術がわかる全集があり、有名どころを集めた日本の画家さんの作品全集なんかもあります。漠然と西洋の絵画史や日本の絵画史などを俯瞰できる知識はあると思っていますが、論を立てるほどに精通しているわけではありません。論を立てるには、それだけの枠組みを知って、その枠組みから逸脱しないようにして、自分の主張を文章にしていかなければならないのではないか、と思うところです。

そういうことではなくて、というところからぼくの論がはじまるわけで、理路整然でないから、わけがわからないと言われてしまうと思います。理にかなったというか、論というからには言葉の組み合わせで、ピラミッドのように、あるいは五重塔のように、積み上げていかないといけない。でも、そうではない方法という方法もあるのではないか、と思う気持ちもあります。一定の方法に従わない、ルールを無視する。それでも、ほかの人に伝わることがあるとしたら、むしろその、伝わることがあるのではないか、と模索するのです。ぼくは日本語しか使えません。それも現代語、そのなかでも限られた生活用語ぐらいで、言葉の羅列で深遠な感情を導き出させるほどには洗練していません。

ごく最近、ある絵描きさんの作品展を見にいきました。激しい感動が起こった、ということではないけれど、なにかしらほのぼのとする気持ちになってきたのです。なになに?、言葉にはならない感嘆詞レベルの言葉しか出てこなくて、そのなかみに触れられないまま、作者さんがおられたので、前に顔見った方だったので、少し会話することができました。ぼくのこころの揺れかたのことです。その方の履歴が貼られていて、そこに<絵描き>と記されていました。ああ、絵を描く人なんだ、と思ってしまう自分がいました。アブストラクトな、幻想的な、イメージを立ち昇らせて描かれているハガキの大きさの絵。水を使ってないという絵具は、クレパスとかでしょう、ぼくにはその名称がわからない素人です。基本には日本画という技法を学ばれたようなのです。(続く)

この記事へのコメント