風景論-4-

_20170224_095451.JPG
<内なる風景-2->
 コンテンポラリー・フォトグラファーズ、社会的風景に向かって、にかけて「内的風景に向かって」という言葉が浮かんできました。半世紀前の写真家意識というのは、社会的風景に向けて作品を創るということだと言えます。それから半世紀後の現在では、人間の進化というか変化も含め、その意識の向かい方は内に向かってきていると思います。外面がひろがって、自己の存在を認識できるようになったところから、内面を認識するように目覚めてきたといえるのではないか。ケン・ウイルバーでしたか「進化の構造」のなかで、このことを分析していたように記憶しています。

 個を中心に世界の構造をみると、外にひろがる世界と内にひろがる世界があることに気づきます。内にひろがる世界のことを「内面」という言い方や「心的風景」「心象風景」といったような言い方があるかと思います。この内面のイメージを、平面に静止画として定着させるということを、自分表現の一つとして浮上してきていると思います。今更のことではなく、それは1930年代とか、1960年代とか、いくつかの年代を越えて深化してきているように思えます。新興写真運動や社会風景への認識を越えて今があると思えることです。風景の発見ということを文学上で論じるのは柄谷行人氏です(日本近代文学の起源:1978)。

この記事へのコメント