自伝的物語-6-

_20180504_130225.JPG
-6-
 1965年に高校を卒業しますが、気になるのは思想の形成に及ぼしたぼくの環境というか、地域のことです。西陣織の地場で、織物関係に従事する家が多い地区に育ったと思っています。生活者のレベルでいえば、織物産業を下から支える人々の群れがあった場所。昔、一向一揆とか、米騒動とか、いくつか歴史で習った一揆がありますが、昭和20年代から30年代、地域に西陣織産業があったから、そこまでは貧困ではなかったと思います。統計で示せばどうなるのか、そこまでの研究心がないから、感覚だけで書いていますが、政治のレベルで、支持する政党を問われるなら、共産党の影響というのが浸透しているのではないかと思っています。高校の頃に、歌声運動みたいなことがあって、たぶんそれは民主青年同盟の人が、高校生の間に組織していたのではなかったか。それに巻き込まれていたのではなかったか。別に、いま、そのことを否定的にとらえているのではなくて、まったく肯定的立場ですが、青少年に与える考え方、捉え方、というのは、教育によると思うのです。

 反自民という立場では、60年安保の頃から、反自民の感覚で、当時の社会党がぼくの身の周りにあったように思います。中学生から高校生になるころには、社会へ目が向いていくと思うんですが、共産党、創価学会、そのことを話してくれる人が、まわりにいました。いまでも宗教嫌いする人がおり、政治嫌いする人がいますが、ぼくは、あたまっから否定する人ではなかったと思います。たあ、時代の風潮に乗っかっていたんだなぁ、と思います。赤旗の日曜版というのを高校を卒業することには勧められて購読しました。高校を卒業したころには、日刊の赤旗を購読しました。紙面を読み込んだかというと、そうでもなかったけれど、これは友だち、親しかった女友だちの勧めによって、購読したのでした。彼女もそうですが、そういう運動に入っていく人には敬意を表していて、ぼくにはできない。そのことから小説家になりたいと思いはじめていて、運動に入っていくことには、どうしてだか抵抗する気持ちでした。

 反体制運動と、今となっては呼べたかどうかは不問に付しますが、ぼくの気持ちは、反体制運動の方へとなびいていきます。とはいっても1960年代の後半に多くの学生や労働者がそうであったように、ノンセクトラジカルと呼ばれた群衆のなかの一人です。といってラジカルだったかと問えば、決してラジカルな方ではなかったと思えます。1989年の10.21国際反戦デーには、ぼくは東京にいました。デモは明治公園からのベ平連のデモ隊列におりました。セクトに入って運動するところには至っていませんが、それなりに先端まで行っていたと思うんです。もちろん考え方というか、思想そのものです。70年をこえたあたりから、学校の同級生に呼ばれて、同人雑誌を発行するグループに入りました。小説を書く、発表する、そのための雑誌を作る。反鎮魂という表題の雑誌で、甲斐君という蕨出身の学友が主導で進めていきました。すでに、そのころ、ぼくは、妻帯者で子供が生まれておりました。

この記事へのコメント