風景論-8-

_20180518_101741.JPG
-8-
<風景ということについて>
 このまえに、風景を見る個人の変遷みたいな話を、どこかでしていたんですが、柄谷行人さんが「日本近代文学の起源」という評論で、明らかにされたのは、<風景の発見によって内面の発見につながる>という論の立て方でした。なるほどそうなのかと思うわけです。大きな流れとして、現在的には、表現のテーマが個人の内面を扱い、どのように表出していくか、というのがメインテーマだと感じているところです。この風景という概念は、目の前にひろがる風景、ランドスケープそのもので、たまたまぼくが認識するから、ぼくに見える風景ですが、客観的にはぼくがいなくても存在するものです。とは言いながらも、ぼくがいるからその風景がある、という個人の視点に即した捉え方で、風景なるものがとらえられるのだとも思います。

 写真展で1966年にアメリカで開催された「コンテンポラリー・フォトグラファーズ、社会的風景に向かって展」の話題を語ることがあります。詳しくは別にしますが、ここで「ソーシャルランドスケープ」という言葉、直訳で社会風景、あるいは社会的風景、ということですが、これは写真家の目の前にある、生活を伴った風景、日常風景、ととらえていいのではないかと考えています。この写真展の作家たちのスタンスというのが、それまで、つまり1960年代までにカメラが追ってきた風景と個人の内面との関係で、ひとつには自然風景ではない、ひとつには個人の日常ではない写真風景に対して、という位置での写真であったように思います。この展覧会の名前から、略されて日本では「コンポラ」という言葉が流布されるのですが、コンポラの意味を、今一度、捉えなおす必要があるのではないか、と現在、思っています。

 歴史の流れを全く否定するのではなくて、それとは別の流れがあるだろう、というのがぼくの現在地点での風景論なのですが、表現において、個人が自分の外の風景を自分のものとする視覚には、個人の内面をどのように表出するか、という問題が含まれると思うところです。この内面の表出と、個人が何処に向かって、誰に向けてといってもいいと思いますが、その相手先との距離感ですね、これの総合として作品が生み出されるのが、現在的表現そのものではないのか、と思います。写真表現に限りません。文学表現にもこのことは当てはまるのではないかと思います。では、それが、いったい、どういう内容のことになるのか、ということです。その時代において、主たる表現媒体のインフラを想うと、1960年代半ばといえば、日本においてはテレビがメインで、もちろん雑誌などの印刷媒体が主でした。それは半世紀後の現在を見ると、個人ツールとしてのスマートフォーンです。個人のことを発信することが容易にできて、容易に受け取れる、こういう時代が現在です。
(続く)

posted by tansui at 11:50Comment(0)風景論

風景論-7-

京都極彩秘宝館展 2018.4.17~
於:ライト商会三条店
_20180416_162103.JPG_20180416_162240.JPG_20180416_162216.JPG_20180416_162618.JPG_20180416_162442.JPG_20180416_170123.JPG_20180416_165923.JPG_20180416_162140.JPG_20180416_162417.JPG

posted by tansui at 21:58Comment(0)風景論

風景論-6-

_20180405_161818.JPG
宮内庁が管理している御陵が、京都市内から西の方には、あちこちにあります。
その管理地の御陵には、掲載した写真のような柵があり鳥居があります。
目に見える形で、その場所へ赴くと、その姿が確認できます。
いまや、これら御陵は、社会的な風景となっている光景です。
この光景を見て、ぼくは、内的な風景へとイメージをふくらませていきます。
表現とは、その外的風景を表して、内的風景を感じさせることではないか。
現代に近づくにつれ、この内的風景を表すことが、表現の大きなテーマとなります。
文学でいう「内面の発見」という概念です。
表現の歴史をざっくりと俯瞰してみると、内面を発見してくる歴史でありました。
この内面という問題を、絵画や写真という静止したイメージで、解いていく作業。
このことが、いま求められている課題なのだと思います。
いかに具体的に、それがイメージとして成立するか、でしょうか。
posted by tansui at 11:28Comment(0)風景論

風景論-5-

120kyoto1702160012.jpg
<内なる風景-3->
今日は2017年3月6日という日付です。
ここに掲載した写真は嵯峨天皇陵の正面から撮ったものです。
すでに撮った日時は過去になったことです。
時間という意識の区切りは、ひとの記憶を司ります。
ところが内なる風景というとき、この時間がランダムになります。
一年前の2016年3月6日という日の記憶は、一枚の写真で記憶が呼び覚まされます。
ここには掲載しませんが、日付がはいった写真でした。
その写真を撮ったときのことを思いだします。
お別れした日の、そのあとの、傷心をとどめようとした記憶がよみがえります。
連鎖的にそのことが起こった日のこと、そこに至った日々のことを思いだします。
内なる風景は、記憶だから自分には幻影で見える風景ですが、写真のように定着しません。
写真が内なる風景の定着であろうとするなら、それは、どうすれば、そうなるのか。
内なる風景と表現された風景は、乖離しているわけですが、そこに美が介在するのかも。

posted by tansui at 18:11Comment(0)風景論

風景論-4-

_20170224_095451.JPG
<内なる風景-2->
 コンテンポラリー・フォトグラファーズ、社会的風景に向かって、にかけて「内的風景に向かって」という言葉が浮かんできました。半世紀前の写真家意識というのは、社会的風景に向けて作品を創るということだと言えます。それから半世紀後の現在では、人間の進化というか変化も含め、その意識の向かい方は内に向かってきていると思います。外面がひろがって、自己の存在を認識できるようになったところから、内面を認識するように目覚めてきたといえるのではないか。ケン・ウイルバーでしたか「進化の構造」のなかで、このことを分析していたように記憶しています。

 個を中心に世界の構造をみると、外にひろがる世界と内にひろがる世界があることに気づきます。内にひろがる世界のことを「内面」という言い方や「心的風景」「心象風景」といったような言い方があるかと思います。この内面のイメージを、平面に静止画として定着させるということを、自分表現の一つとして浮上してきていると思います。今更のことではなく、それは1930年代とか、1960年代とか、いくつかの年代を越えて深化してきているように思えます。新興写真運動や社会風景への認識を越えて今があると思えることです。風景の発見ということを文学上で論じるのは柄谷行人氏です(日本近代文学の起源:1978)。
posted by tansui at 21:45Comment(0)風景論

風景論-3-

120scan1511090144.JPG
<内なる風景-1->
自分という身体を介して、その外側と内側があると想定しましょう。
身体の内側というと脳とか内蔵とかとか血管とか、血液とかリンパ液とか。
いってみれば生理的に確認できる、見えるものとしての内側があります。
それから、ここでいう<内なる風景>の内なるという内のことですが。
内面とかいう言葉がありますが、いったいこれが何モノなのか、ということです。
あるいは最近の言葉だと、心とか、精神だとか身体を割ってみても、見えるモノではありません。
それなのに内面、内なる風景、あるいは心とか精神ということがいわれます。
見えないモノを見る、ということをいうようになり、実践しようとします。
これは心・精神の、ヒトの在り方の未来形ではないだろうかと考えます。
そもそも外と内に分けるという思考法、いつのころから成立してきたのか。
たぶん、近代という枠組みの中で、組み立てられてきた言葉ではないか。
そうして、その言葉が醸すイメージを、感情を伴わせて、内に立ち昇らせる。
経験のイメージを、自分の中で組み合わせる。
これを言語に置き換えていくというのが文学、小説、詩、和歌、俳句。
なかなか、この<内なる風景>のことを考えるようになったのは最近ではないか。


posted by tansui at 17:34Comment(0)風景論